最近、日本国内は社会発展につれて、健康について多くの問題が出ました。特に、糖尿病、高血圧などの生活習慣病の発症率が驚いたスピードで高くなります。しかし、生活習慣病はほかの疾患を併発されるリスクがとても高いです。この併発症の中で、男性の悩みのEDを注目されています。多くのED患者はED治療薬を選び、治すことが期待します。そして、ある人も日常生活で精力増強する食材も食べます。精力増強できる食材と言えば、動物性食材を思い浮かべるヒツが多いですが、実は、ある天然ハーブや植物も精力アップできます。今回の文章は、精力アップに効果がある天然ハーブや植物についてを紹介します。

マカ

最近、滋養強壮効果が注目されているマカは、ビタミンB1,B2,B6,B12,C,E、タンパク質、カルシウム、鉄、ヨード、グル今度、りん、カロチン、亜鉛など多くの栄養素を含有しています。栄養価の高いマカは、滋養強壮・疲労回復の効果が期待できる同時に精力増強に必要な栄養素も多く含まれているので、精力増強の効果も期待できます。

朝鮮ニンジン

朝鮮ニンジンは高麗ニンジンとも言われ、主に朝鮮半島で栽培されており、古くから滋養強壮・精力増強の薬としてよく知られています。朝鮮ニンジンは、ミネラルを多く含有して、滋養強壮、体力増強、疲労回復、血圧調整、消炎抗菌などの作用がありますが、特に精力増強に効果的な成分であるジンセノサイドという物質を多く含まると言われています。ジンセノサイドは、サボニンの一種として、コレステロール、中性脂肪の生成を抑制できます。血糖値や血圧も調整できます。それで、脳と性器の血行を活発もできるので。適量使用すれば、精力増強できます。

ニンニク

ニンニクと言えば、家庭料理にもよくつかわれる食材ですが、滋養強壮の効果がよく知られています。ニンニクには、強力な殺菌力、抗菌力また、ビタミンB1の吸収を助ける作用もあります。そして、ニンニクが加熱されて出るアホエンという物質には、血栓を予防する効果があります。だからこそ、中性脂肪やコレステロールを低下させ動脈硬化を防止できます。この以外はニンニクには血行を良くするスコルジニンや精力増強には欠かせない亜鉛が多く含まれます。

 

トリビュラス

トリビュラスとは、日本では浜菱と呼ばれています。トリビュラスは古くからヨーロッパでは男らしさを作るハーブとして、精力剤にも使われています。トリビュラスは、重要な一つ男性ホルモンである「テストステロン」の分泌を活性化できると言われています。このテストステロンの分泌が活発化すると、骨や筋肉の増大という作用があり、ホルモン分泌の活性化、精力の増強に役立つと言われています。

日頃生活で積極的に以上の精力によいものを摂取してください。