ハーブとは、一般に草を意味するが、とくにセージ、マヨラナなどの薬草、花、茎、葉、種子、根をさすことが多く、食材、芳香剤、薬、様々な用途に使われています。欧米ではハーブ・ティーや薬用酒として飲んだり,生葉のまま部屋につるしたりするほか,料理の風味づけにも使われています。(特有の香りをもつものが多いので香草と訳されるが、香りの強いものばかりとは限らない。)

日本メディカルハーブ協会によると、ハーブとは「生活に役立つ香りのある植物」ということです。ラテン語で草を意味する「herba(ヘルバ)」が語源で、その後英語の「herb」へと変化していきました。人間との関わり合いの歴史は古く、メソポタミアやエジプトといった古代文明ではすでにハーブが薬として栽培、利用されていた記録が残っています。

西洋では、ハーブが医薬品としての有用性を認められ、一般用医薬品の使用の約3割をハーブが占めています。日日本では、2007年に西洋ハーブの承認審査のルールが示されたことにより、ハーブ医薬品が2013年にエスエス製薬が始めて承認を受け販売を解した。

ハーブ薬は漢方薬と同じく、異物反応や、副作用がほとんどありません。体全体のシステムの機能向上が期待できます。たたし、ホルモンの作用や、ストレスに弱く、ハーブのみではカバーしきれない領域があります。また濃度が低いため、一回の作用は弱く、ある程度の期間服用しなければ改善は難しいです。

★ED勃起障害治療薬の特徴
レビトラ